あげてうれしいお歳暮!もらってうれしいお歳暮!

あげてうれしいお歳暮!

お歳暮で贈って喜ばれる品物は?

日本では日頃お世話になっている人に、感謝やこれからもよろしくお願いしますという気持ちを込めてお歳暮を贈る習慣があります。
最近では社会生活でお世話になった人だけでなく、親族や知人・友人にも親愛の情を込めて贈る人も少なくありません。
このようにお歳暮はありがとうございますという感謝の気持ちを伝えるものなので、できるだけ相手に喜ばれるものが良いですね。
例えば洗剤や調味料などは無難で、確かにあれば助かるものですがスーパーなどに行けば買えますし、お歳暮と名前が付くだけで割高になる傾向があります。
はたして出した値段の価値が伝わるかどうか疑問です。
せっかく贈るのですから、箱を開けたときに感動するようなものを贈りたいですね。
お勧めは、ご当地の食品や話題のお取り寄せ商品などです。
もし先方が知らなくても、テレビなどで話題になっている商品なので外れることはほとんどありませんし、インターネット環境がない人にとっては、入手が難しい商品も多々あります。
「一度聞いたことがあって食べたかった」「ちょっと贅沢で自分では買わない」など喜びの声が聞こえてきそうです。
何といっても他とダブル心配がないことが、お取り寄せ商品の良さだといえます。

お歳暮の始まりと現在の動向

毎年年末になると、デパートなどで特設コーナーができるお歳暮。
その発祥は、御霊祭りと言い、1年に2回(新年と盆)お供え物をして先祖の霊を迎える日本古来の行事が起源と言われています。
元々は、分家から本家、使用人から雇い主、嫁ぎ先から実家などへお供え物を届けており、新年を迎える為の必需品として、お酒やお餅、スルメや昆布、数の子、塩鮭などの日持ちする食品が贈られていました。
現在では、ビールやハム、洗剤や油、お菓子、麺類、生鮮食品など、年末商戦と称して様々な業種が参入し、品物の種類が豊富になっており、予算や相手の好みなどに応じた選択ができるようになっています。
また、日頃お世話になっている親戚や上司、恩師などの他、友人同士や取引先同士の企業間、担当者間でも1年の感謝の気持ちとして贈り合われることもあります。
本来は歳末回りと言って、直接相手宅に持参していましたが、現在では購入先からの宅配便などで直送されるケースが増えています。
贈る時期としては、元々の習わしでは12月13日からとされていますが、現在では早い所では11月から、遅くとも12月20日頃までに届くようにするのがマナーとされています。
もし、その期間に送ることができない場合は、年明けに御年賀として贈る方法もあります。

『お歳暮』 最新ツイート

@ahuirieito3058

『新発売!お歳暮、お誕生日の贈り物に最適のギフト箱セット。包装、のし無料で承ります。【送料...』を見る [楽天] http://t.co/eUwt1CQraH http://t.co/Fv0bWG8Q84

3分前 - 2015年05月29日


@oseibojp

楽天市場:【送料無料】NIKE[ナイキ] KOBE[コービー] EMERGE HYPERELITE[エリート] SHORTS[ショーツ] [メンズ... http://t.co/0ksZAjyJoF #お歳暮 #oseibo #相互フォロー #sougofollow

4分前 - 2015年05月29日


@oseibojp

iTunes:苦労の缶詰 憂歌団 お歳暮(ベストセレクションⅡ) http://t.co/t6EoitIO6U #お歳暮 #oseibo #相互フォロー #sougofollow

4分前 - 2015年05月29日


▲ページ先頭▲