あげてうれしいお歳暮!もらってうれしいお歳暮!

あげてうれしいお歳暮!

お歳暮を頂いた相手へのお返しについての注意点

お歳暮は一般的にはお世話になった人への感謝の意味を込めた贈り物を指し、その年の暮れに年末の挨拶を添えて贈る形式が主流になっています。
お歳暮の内容は現在では食品や日用品などのギフトセットが多数を占めていますが、受け取った相手が喜ぶ品を選ぶことが大切です。
また、相手から贈られてきた場合はお返しを行うのが社会的なマナーですが、通常はお礼状の送付や電話などで意思を伝えます。
お礼状はお歳暮が手元に届いたことを伝える意味も兼ねているので、受け取った際は速やかに返礼を出すように心がけます。
また、物品を贈る場合は受け取った物とほぼ同額に留め、御礼としてお返しします。
地域や世代によっては特別な社会的慣習に基づいて挨拶を行うケースもあるので、事前に詳細を確認したうえで相手に失礼の内容に接することが社会人としての務めです。
毎日の生活の中で対人関係を良好に保つことが社会的なマナーなので、お返しは相手への気遣いを忘れずに礼儀正しく行う事が大切です。

お歳暮のお返しについて知っておきたいこと

お歳暮には、受け取る側としては四種類があります。
その第一は会社などから来る場合、および毎年お互いに贈り贈られるのが確実な通例となっている場合ですが、これにはとりたててお礼状を出す必要もないでしょう。
その第二は、もっぱら先方からいただくのみで、特にお返しをしなければならないというほどでもない場合、これには丁重にお礼状をしたためます。
以上は、ありがたくちょうだいするのみです。
その第三は、届けられていささか恐縮する場合、やはりそれ相当の返礼をします。
その第四は特に公的な立ち場にあり、そのうえ品物が豪華過ぎるので、かなり問題がある場合、意を決して送り返さなければならない例もあるでしょう。
ですから、お歳暮の品物が届いた場合、安直に何でも受け取らず、贈り主や内容をよく確かめる必要があります。
また、お歳暮は何を贈るかで悩むものですが、少し特色のある物品を毎年の恒例として決めておくのも一つの方法です。
ある一定の水準を定めておくのが肝要で、先方が昇進した場合も変えないほうがいいでしょう。
ひとたび程度を上げると下げられず、次の栄転でまた上げなければいけないからです。

おすすめWEBサイト 5選

ネイルスクール 東京
http://www.jelnail.jp/

最終更新日:2017/4/20

『お歳暮 お返し』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/pgcknyxb/public_html/sndvegas.com/okaesi.html on line 56
▲ページ先頭▲